コマメにつくってます

IMG_0751 (800x600)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒豆を炊いてみた。

丹波の黒豆である。

黒豆炊き名人(母)が近くにいたのに一向に勉強しようとしなかったことを

今更後悔。

色止めはどうしても鉄分(さび釘とか)が必要なんだけど、身近になかったので

あきらめた。

事前に調べるとどこも3~4時間煮る、とあるのだけど、前日昼から翌朝まで

じっくり水を吸わせておいたからか、2時間弱でふっくらほっこり炊きあがった。

多分お鍋のおかげね。自分の按配のよさではないね。

ともあれ、予想外においしくできてうれしい。

数日前からは塩麹を育てている。

IMG_0748 (600x800)

 

この間まで、わざわざこれまた母に頼んでおいしい塩麹を送ってもらっていたけれど、

たまたま図書館で見かけた本には作り方がとても簡単そうに書いてある。

そういえば麹も見かけたな…。

ワタシがやってみようってゆうんだから、作り方は至極簡単。

米麹と塩と水を混ぜて1日1回ほど混ぜてながら数日置く。

さあ、無事育つんでしょうか。

腸を元気にすれば健康、そのために発酵食品を食べましょう、と

そこここで耳にする。

ま、そしたらこれも発酵食品ね、イヒヒ。

IMG_0733 (600x800)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一升瓶ワインシリーズ(決して大酒飲みではありません)。

 

お籠りしてる間に

もう3月も半ば…

春の気配を感じるような、そのそばからまたしても冬が大急ぎで戻ってくるような。

のんびり引き籠っていたいわけでもないのだけど、チャレンジしてみたアルバイトは

自分には合わなくて断念。

何か生産性のあることを・・・と、最近始めたのがコレ↓

IMG_0731 (800x600)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあホンッとに始めたばかりであるからして、荒い作りではあるが刺し子ってやつです。

布ものはアレコレ使えるから作り甲斐がある。

もう少し慣れたら、トートバッグとかに刺してみようかと思っている。

親しい友へのお礼にも何か仕上げたいのだが、如何せん技量が足りず少し時間がかかるかも。

そんなお針仕事の合間しょっちゅうお茶したくなるのだが(要するに集中力が続かない)、

手持ちのポットや急須がどうも使い勝手が悪く、ひとつ欲しかった小さなポットを手に入れた。

IMG_0725 (800x600)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仔犬印のステンレスポット 1人用。

2人用と迷ったが、日頃使っていたポットの湯量を量り、1人用で大丈夫と判明。

しかも人気があるのか2人用は品切れ中ばかりであった。

茶こしはないので茶葉をそのまま入れるため、茶葉がちゃんと開いてお茶がおいしい。

お茶の味がこんなに変わるものかと思いましたわ。

家人の仕事も忙しく、山荘にも行けていない。

体もすっかりなまってしまっているが、森歩きも早く再開したいもんです。

毎日のごはん

IMG_0707 (800x600)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日焼いたパン・ド・セーグルをうすくスライス(断面・・・)。

朝食でバターかクリームチーズをたっぷり塗っていただく。

夜はなんとなくメニューを考えていても、作りながら変わっちゃうことがよくある。

IMG_0708 (800x600) 海近だからお魚はなるべく近郊の漁港であがったものを。

この日はアジをお刺身にしたのと、マグロを漬けにして

地元産大和芋をのせたマグロのやまかけ。

季節のお野菜、菜の花のおひたしとさばいたアジの骨で

お味噌汁に。

IMG_0698 (800x600)

アレ…大和芋好きなのか?

この日も大和芋を団子にし、丸大根と炊き合わせ。

メインは料理本で見た、鮭にほうれん草と玉ねぎなどで

和えたソースを挟んだの。

箸休めに丸大根の皮と塩昆布で浅漬け。

IMG_0699 (800x600) 寒い夜はシンプル茶碗蒸し。これは具材に絹ごし豆腐と

うるち米のおもちを少し。寒天でとろみをつけ、茹で大豆

をまぜてあんかけに。

新鮮ないわしをから揚げにして野菜とマリネにした

南蛮漬けと大好きなちぢみほうれん草の胡麻和え。

 

ご飯は食べない。少しビールやお安ワイン、日本酒といただくのです。

いつも作りっぱなしだから、自分の忘備録に。

 

冬の海

IMG_0704 (800x600)

寒そーな冬の海。

なかなか近寄りがたいこの季節…。

家でおとなしくパンでも焼くか。

本当はあまりパンを多く焼いてもいけないのだけど(家族の健康維持のため)

少しづつ食べるからね。IMG_0705 (800x600)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれもこれもダメダ尽くしだと続けられない気がする。

だからバランスよく、そして精白されたものはなるべく減らし、

これもできる限りだが得体のしれない添加物を遠ざける。

などと書くと神経質な健康おたくのようだけれど、まったくそんなことはない。

今日のパンは

プチフランス3つと、同じ生地で中にあんこを入れてフランスアンパンに。

(ちょっとバクハツ!)

全粒粉を多めに入れたからうっすらブラウンの生地で、噛みごたえあり。

同時進行でライ麦パンも仕込中。これは明日焼き上げる。

ライ麦はライ麦種を24時間寝かせて、翌日パートフェルメンテ(発酵生地)や

ほかの材料とまとめてオーバーナイト、と完成が3日目になるのだ。

パン屋さんのパンは時々仕入れるけど、コンビニ・スーパーのパンは自分の中で

アウト。

でもホントはあの異様なふかふか感やしっとり感のおやつパンが

ムショウに食べたくなる時があるのだよね…。

 

 

山荘の冬

IMGP0010 (1024x768)

冬は寒くて色々億劫になるし引きこもりがちなんだが、たまにはあったかい遊び(?)

ができるから、悪いことばっかりではない。

今まではもっぱらキャンプへ出かけたときのお楽しみであったが、

山荘でも楽しめるようになった。

それは焚き火。

家の中から庭を眺めるの図

家の中から庭を眺めるの図

燃料となる木材は売るほどあるし、ホントに暖かい。

焚き火のオレンジ色の炎を見ながらグラスを傾けるのも、至福のひとときとなりそう。

 

茨城への旅、滝も凍る

決められない病、金欠病、寒がり病を押して、今年もなんとかバースデースパへ。

しかし何しろ決められなかったので、車で行ける(雪道なんかに遭遇しない)場所、

ということで常陸太田市のとある温泉旅館を目指す。

家族経営の小さな宿であったが、ほかに宿泊客もおらず、源泉かけ流しのお湯は

貸切状態。かなり温まってほっこりな一夜を過ごした。

山田屋旅館さん、お世話になりました!

なんでも湯治に適したお湯の宿とのこと。一泊だけでは劇的効果もないのでしょうが、

日頃お風呂に入ると肌が痒くなったり、すぐに冷めてしまうのが、

さすがにお肌つるつる、ほかほか~でありました。

少し寄り道で観光気分を、と立ち寄ったのがこちら。

IMGP0015 (768x1024)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬場はご覧のように凍ってしまう「袋田の滝」。

これで70%(凍結率)くらいらしいけど、流れる水が凍るって相当寒いんだろう。

川ももちろん凍っていました。

IMGP0025 (600x800)滝のそばには小さな吊り橋。

結構ゆらゆら揺れます。

 

 

 

帰りに、本当は笠間に立ち寄って笠間焼の作家さんの作品が欲しかったのだけれど、

勘違いとお店の定休日が重なって今回は断念。

日頃旅先で焼き物を買おうなんて思わないのだが、なぜか気になって仕方ない。

まあ出会いもんでしょうから、どこかで「コレ」というものに出会うはず。

その願いを叶えて欲しくて、というわけではないが、

途中香取神宮でお参りして帰る。

IMGP0041 (600x800)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家内安全、健康祈願。

霊験あらたかなれ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

パン好きがとまらない

比較的温暖なここ野手浜もやっぱり寒いことは寒い。

IMG_0694 (600x800)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝はみぞれからペタペタした雪に変わり道路も、庭もそして愛車シロクマ号もうっすら白くなっている(シロクマ号はもともと白いが)。

遠慮なく家事放棄で炬燵にかじりつく・・・猫でももうちょっと動くだろ。

今年は山荘での様子をコマメにアップしたいし、さぼらないでやろう、とは思っている。

IMG_0649 (800x600)

 

さて、昨年の話ではあるが、年末、家族のひとりが遠路はるばる訪ねて来てくれた。

山荘へ向かう道中、パン好きの彼女を喜ばせたいと、2軒のパン屋さんをはしご。

1軒目は遠方のパン好きたちにも大人気の「naya78」さんへ。

ここは、いつか訪れたいと思いながらなかなかチャンスがなかったお店。場所を探してみたら、何のことはない。いつも通る道沿いにある。

しかしふらりと寄ってみたら全くパンがなかった。

前日から予約をしておかねばならないのだ。

当日はしっかり予約して訪れた。店頭にも数種類並んでいて、どれも試したかったが

もう一軒行くので次回へのお楽しみに。

その1軒は、山荘にとても近い「橋本屋製パン店」さん。

ここは本当はあまり人に教えたくない。人気が爆発して混んでしまったら買えなくなるもんね。

山荘へ行くときのお楽しみのひとつと言ってもいい。

他所へ出かけたときもその地のおいしそうなパン屋さんを訪れるけれど、

橋本屋さんのような衝撃を受けたことはない。

このお店が山荘の近くにあって幸せ、というくらいに…。

「naya」全粒粉食パン、パン・ド・カンパーニュ(ホール)、ゴルゴンゾーラはちみつ

「橋本屋」バゲット(フランスパン)、シナモンロール、アンパン、ほか

IMGP0049 (600x800)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どでかいパンたちが並ぶテーブル。至福のひとときですわ~。

夜は寒空の下、七輪BBQと滋賀県のヒトミワイナリーさんの微発砲ワインで更けてゆく…。

パンのお味はって?

どちらも甲乙つけがたし。

橋本屋さんのバゲットは初めて(いつも置いてない)食べたのだけれど、これは是非パン好きの方に食べさせたい。

炭火であぶってバター。

ほかには何もいりません。

nayaさんの食パンもかなりのおいしさ。人気があるのも納得でやんす。

 

 

 

遅まきながらのご挨拶

IMG_0676 (1024x768)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年が明けまして…10日も過ぎてしまった。

何をしていたかというと…正直何もしていない。

 

出かける計画を立てようとするも、なぜかなかなか決められず家でまったり。

めっぽう寒さに弱い家人が(冬は毎度だけれど)ますます寒さで引き籠り。

旅にも出たいけれどホントに決められない。

という「決められない病」にかかっている。

多分昨年色々決めすぎたからだと思う。

しばらく何も決めたくない、と頭が思っているのか。

ジタバタせずに、ここはひとつ心の声に従ってのたくら決めない冬籠り。

寒くてハウスキーピングもやる気が出ないそんな日は読書をしている。

本日何日かかかって読み続けていたこちらがIMG_0690 (600x800)

ついに読み終わった。

2001年~はずいぶん前に読んだし、映画も観たからすっ飛ばし、2010年はなぜかこれも

すっ飛ばし、2061年を流し読み(これは読みづらかった)。

しかしこの3001年~はおもしろくて、早く先が読みたいとシリーズ初にして思う(クラークさんごめんなさい)。

遠い未来の宇宙へのロマンに思いを馳せていると、なんとタイムリーなニュース!

オランダだったか、2022年に火星への片道切符(つまり移住)が売りに出されており

希望者10万人であるらしい。選考で40人程度が行けることになるらしいが、

さてさて現実的にはどうでしょうか。あと7年です。

 

 

 

 

 

 

 

 

半年経過で95%

新しい家の完成率である。

長い道のりだったが、ようやく普通に過ごせる家になった。

修行のような壁塗りワークもなんとかやりきった!

IMG_0497 (640x480)

 

IMG_0428 (640x480)

こんな感じが(壁塗り前)。

 

こんな感じに(壁塗り後)。

IMG_0561 (1024x768)

 

何しろ壁が高くて、大きな脚立に乗ってやる作業はほぼ家人が担当。

疲労度合もあちらに比重がかかってしまい、申し訳ありませんです。

しかしこういった家は手をかけて育てていくものだと思うので「終わり」はない。

今はなんやかんやで手元もすっからかん。育てるのもゆっくりなのです。

今年の秋から冬はお籠りになりそう。

いかに楽しく(そして暖かく)この家で過ごすか・・・。

 

ところで残りの5%は?

半分は家の中なので自分たち次第なのだけど、ちょっと時間が(お金が)かかりそうな台所。

半分は大工さん任せの部分なので仕上がり待ち。

家づくりってホント大変ですな。

 

ひと月に一回か・・・

IMG_0457 (800x600)

 

というくらいしか更新できずにいる。

仕事もしていないってのに何してんのかねえ、自分でも不思議です。

あんなにせっせと焼いていたパンも今はほとんど焼いていない。

諸般の事情で現在は消費が少ないというのが大きな理由なのだけど、

このままでは 忘れてしまいそう・・・パンの手(パンを焼く手つき、ね)。

ちっぽけな用事がちょこちょこあって、性格的には一気に片づけたいが 相手もあることだし

思うにまかせずなんだかイライラ。

しかし何か地に足がついていないのは、そう、夏完成か!と宣伝していた山荘が

まーだ完成していないからかな。

IMG_0479 (640x480)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末から怒涛の壁塗り祭です。ひー。

「コレ飾ろう」

とか

「コレで料理しよう」

とか

照明はコレ、テーブルは・・・ 着々とそろえております。

なんならスリッパまで調達してきた。

IMG_0495 (640x480)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは壁です、壁! 後日壁塗りリポートする予定! 乞うご期待!(って誰がんなリポート楽しみにするかね)